【ホームページ入門 】サイト構造やSEO対策の基礎を解説!【ブログ初心者は必見 】

こんにちわ。

 

先日、TwitterでブログのSEOとサイト構造の基礎に関して、

 

どのように運営していけばいいか悩んでいるという旨のメッセージをいただきました。

 

 

ぜひ、この質問に関して記事でも回答をしておきたいなと思いまして、

 

今回コンテンツを作ることにしました。

 

このコンテンツを通して、基礎的なサイト構造と、SEOのやり方を解説できればと思います。

 

ブログをやってる初心者の方は、参考になると思いますので、是非参考になれば嬉しいです。

 

サイト構造とSEOを意識すると何が美味しいか

 

サイト構成とは

 

まず、簡単にサイト構成とSEOに関して説明をさせていただきますと、

 

サイト構成っていうのは、

 

トップページの表示やデザイン、ヘッダーやフッダーや、サイドバーのリンク構成のことを、

 

一般的に言うと思います。

 

また、お問い合わせページや、会社概要や、サービスの説明ページなど、どのような固定ページを準備すべきかということを考慮するのも、

 

サイト構成の役割の一つでしょう。

 

世の中には様々なウェブサイトがありまして、ブログ型のサイトもあれば、企業のホームページ型のサイトもありますよね。

 

また、企業サイトのブログにしたって、カテゴリーやタグで分けてリンクの整理をする必要があるので、

 

このようなサイト運営に関する網羅的な戦略が、所謂サイト構成になり、

 

サイト構成をどのように組んでいくかを考えることは、

 

潜在顧客をサイト回遊させて、自分のサイトの名前を覚えてらもうためにとても大切です。

 

SEOとは

 

SEOと言うのは、おそらく誰もが知ってると思いますが、

 

簡単にいえば、自分の記事を検索トップにさせるための、ありとあらゆる施策です。

 

しかし、SEOの本質的なミッションというのは、

 

例えば狙った記事を、狙ったキーワードで上にあげるというのは、

 

結構、本質的ではないです。

 

何故ならば、狙った検索キーワードと全く関係ないキーワードでも上に行くこともあるし、

 

逆も当然然りだからです。

 

つまり、SEOの本質的なミッションとは、記事単体と狙ったキーワードで挙げることではなく、

 

サイト全体を、一貫したユーザー層に最適化させて、様々な記事が、様々な関連キーワードでよしなに上に行き、

 

サイトのお問い合わせページや、会社概要などのページや、集客用のランディングページが上に表示されるということが、

 

一番のゴールであり究極系といえますね。

 

HPの構造

 

では、ここから具体的に説明をしていきます。

 

サイト構成は網羅的に作るべし

 

まず、Webサイトの構成を考える上で一番大事なのは、

 

コンテンツが網羅的に揃っているか、よく考えるべきです。

 

もしあなたが、カメラマンとして活動してるフリーランサーであるならば、

 

あなたのお客さんは、個人の方もいれば、法人の方もいると思います。

 

それぞれ、求めてるレベルや、住まいや、相場感や、どんな写真を撮りたいのかも違うと思います。

 

あなたの実績や、過去の職歴も知りたいかもしれません。

 

また、お客さんはデジカメとコンデジの言葉の違いもよくわからない人が多いと思いますし、

 

次世代iPhoneで撮影するので、一眼レフカメラで撮影する違いも分からないと思います。

 

そのような、素人が抱くような悩みを全て網羅することが、サイト構成をする上でとても大切です。

 

ですから、まずが素人のお客様のイシューから書き出して、どのような情報があるかを漏れなく全て書き出し、

 

一つづつページなりブログ記事を投稿していくべきだと思います。

 

それが、サイト構成を考える上での第一ステップです。

 

トップページはサイトマップを意識すべし

 

そして、そのようにしてユーザーが求める情報を網羅的に準備しても、

 

それだけでは全く意味をなしません。

 

全ての記事で、適切なキーワードで検索上位に表示されるなら別にいいですが、

 

そんなことはないですし、お客さんは一個知りたいことを知ったら、

 

このままではすぐサイトを離脱してしまいます。

 

そのような時に考える大事なことが、サイトマップを分かりやすくリンクで整理しておくことです。

 

サイトのヘッダーや、フッダーや、サイドバーはこういう時に使います。

 

カテゴリーで記事を分けたりして、ヘッダーメニューにも、事細かくサイトマップを作って、

 

少しでも自分たちに興味を持ったユーザーが、

 

より深くサイトを回遊しやすいように、情報のリンクを整理した状態にすることが、

 

サイト構成の第二ステップです。

 

この施策は、GoogleのbotがSEOを評価する上の基準にもなるので、

 

とても大切です。

 

関連記事はカテゴリーでリンクを最適化すべし

 

次に、固定ページのコンテンツやブログ記事には、

 

関連記事のカテゴリーのリンクを正確に表示するのがいいです。

 

よく、ブログ記事の下に、『関連記事』というリンク集が表示されてるブログなどよくありますよね。

 

この、関連記事は、ユーザーが迷うことなくサイトを回遊する上でとても大切です。

 

ヘッダーやサイトマップには、事細かく色々な情報をリンクしてもいいですが、

 

関連記事などには、とことん近しい記事のみ表示して、ユーザーが何も考える必要もなく、

 

次に読むべき記事を表示させることが重要です。

 

SEO対策

 

ここから具体的に説明をしていきます。

 

キーワードは網羅的に作るべし

 

サイトのコンテンツが、狙ったキーワードで毎回表示されることは稀ではありますが、

 

逆に、意図してない検索キーワードで検索上位表示されて、ユーザーが流入することも、

 

結構あります。

 

ですから、適切なユーザー層に、様々なキーワードから集客できるように、

 

様々なキーワードを、検索に引っ張れるように、

 

網羅的にキーワードを抽出して、記事を書きまくってください。

 

少しくらいコンテンツが被っても、丸パクリじゃなければ違う需要に届くかもしれませんし、

 

ペナルティの順位低下にもならないので、あまり気にしなくてもいいです。

 

前の記事の描き直しみたいな記事だけ、リダくれくとで新しい記事に飛ばしてあげましょう。

 

様々な関連キーワード網羅することで、

 

サイトのドメインも、Googleのbotに有益なサイトと認識されやすくもなるので。

 

権威性を高めるサイト運営をすべし

 

最近のSEOは、様々な情報が乱立してるため、より高い権威性を持っているサイトが評価されます。

 

ですから、HTMLのメタタグの作者としてしっかり自分の素性を明かし、

 

SNSやwebに、自分の職歴や、専門性をしっかり打ち出すことで、サイトの権威性が上がりますし、

 

別に自分じゃなくて、権威性のある専門家と一緒にコンテンツを作ることも良いですね。

 

健康や病気に関する記事は、特にこの専門性がないサイトは下へ落とされますので、

 

注意が必要です。

 

外部リンクを自然に獲得すべし

 

外部リンクの獲得もSEOでは非常に大切です。

 

俗にいうリファラルっていうことなのですが、

 

自分のサイトの記事をリンクとして紹介してるようなサイトが多ければ多いほどに、

 

GoogleのSEOに評価されます。

 

しかし、ずるして外部リンクを購入したりする人もいるため、

 

Googleはそのようなサイトには厳しく対処しており、

 

自然に集まってきたリンクが、評価されるということをしっかり意識しましょう。

 

SNSも活用すべし

 

Googleは最近、SNSでしっかり拡散されてるような記事は、

 

SEOの評価として、反映するという方針を打ち出しています。

 

Twitterなどの拡散力のあるメディアは、今ウェブ担当者にとっては、

 

とても大切な媒体の一つです。

 

SNSをフル活用して、サイトのファンを増やし、拡散力を使ってSEOの評価も上げましょう。

Related Posts

Leave a Comment