初心者向け リスティング広告入門、効果が出る広告と出ない広告

リスティング広告とは、

 

GoogleやYahoo!でweb検索をした際、

 

意図的に検索上位に自社のコンテンツを表示する広告です。

 

SEOのような自然にGoogleからの評価をされて上へ行くのは、

 

検索クエリに競合が多ければ多いほどに多大な労力とセンスが必要になってきます。

 

しかし、リスティング広告を活用することで、

 

たった一枚のランディングページを、すぐさま検索上位に表示して、

 

集客までにかける時間的な労力の節約につながります。

 

この記事を読むことで、そんなリスティング広告の基礎知識と、

 

リスティング広告を使う際の注意点などを分かりやすく解説しいますので、

 

是非とも参考にしてみてください。

 

リスティング広告の基礎知識

柔軟な広告配信システム

 

リスティング広告の強いメリットとして、柔軟な配信システムがあります。

 

地域や年代、性別に至るまでコントロールできますので、

 

キーワードだけではない強いマーケティングが可能であり、

 

無駄な広告費も抑えられます。

 

安く広告を出稿できる

 

リスティング広告は、クリックが発生してから、その回数に対して課金されます。

 

ですから、逆に言えば、1回100円のクリック単価であれば、

 

100円から広告の出稿を試すことが出来ます。

 

看板広告やテレビ広告など、一回広告出すだけで巨大なお金がかかるのとは

 

大違いのコスパの良さと、テスト的にABテストが安くできるというメリットがあります。

 

ランディングページの制作

 

通常、SEOなどの自然検索で上位表示させるには、

 

サイトのコンテンツを網羅的に作りこんでおかなければいけませんが、

 

リスティング広告であれば、コンバージョン用のリスティング広告を一つ作るだけで、

 

あとは、ランディングページのみでマーケティングの施策が出来るので、

 

とても便利です。

 

リスティング広告のメリットとデメリット

 

マーケティングの能力が不可欠

 

リスティング広告は、誰でも簡単に安く広告を出すことが出来ますが、

 

ライティング能力や、マーケティングの能力がなければ、

 

いくらクリックされても全くお問い合わせが来ないという事態も発生することがあります。

 

ですから、ただ安いから会社のホームページだけ上に出してお香みたいな感じですと、

 

どんどん高校費がかさむだけになりかねないです。

 

広告単価が高いキーワードがある

 

リスティング広告は、確かにテレビ広告のように、一発何千万円というレベルではないですが、

 

一回の広告費のキーワード単価が1000円なら、10回クリックされるだけで1万円になってしまいます。

 

中小零細企業であれば、少しの広告費でも、何百回もクリックされるとダメージが大きいですよね。

 

ですので、キーワード単価と、それに見合うリターンをよく考えるのが大事です。

 

まとめ

 

まとめますと、

 

リスティング広告では、安く簡単に、柔軟なマーケティングが施せますが、

 

コンバージョンを得るには、それなりのマーケティング能力と、

 

広告に見合う単価と、リターンの算段が付けられなければいけないということでした。

 

以上になります、

Leave a Comment