ブログで稼ぎたい人は、SEOとかキーワードよりもまず、そもそも商売って何かを学ぶべき

 

私は、これまで様々なクライアント様のウェブ収益化のお手伝いをさせてもらってきたわけですが、

 

クライアント様の中には個人の方も法人の方もいたわけですが、色々と話させていただく中で、つくづく思ったことがあります。

 

それは、SEOだのキーワード選定だの … etc そういうテクニック的なことに、かなり拘泥する人が世の中こんなにも多いのかということです。

 

勿論、SEOだのキーワード選定だのは超大事であり、疎かにはしてはいけないことだと思っているし、

 

それこそ大きなキーワードで上位表示されたとして、20代以上の大人が毎月、数万人とかアクセス集められて、

 

そういう記事が何十個もあって、月間のブログのPVが数十万とかあるのであれば、

 

大したターゲティングなどしなくても、リード獲得は容易だし、アフィリエイトも売れると思います。

 

だからこそ、今でもFacebookやInstagramのフィードに永遠と出てくる広告には、

 

決まり文句かの如くSEO対策なる言葉が軒を連ねているのを見るんで、

 

需要があってリード取れるからそういう書き方してるんだろうなって見てれば分かるわけだが、

 

でも正直なところ、ウェブ収益化ってそういうもんじゃないでしょって思っています。

 

特にブログを始めたばかりの個人や企業は、余程ライティングが上手で知識も豊富じゃないと、

 

一年で数十万PVを叩き出すブログを作れるのか結構微妙です。

 

だからこそ、私はターゲティングを狭く一貫して、せめて半年以内にコンバージョン作れるメディアにしようと提案したいわけです。

 

それで、それをやるには、SEOやらキーワードで攻めるよりも、

 

自分たちが提供できる価値をよく考え、マーケティングの本質から入った方がいいですよと私は思っています。

 

ブログで稼ぐとはなんぞや

 

 

じゃあ、ウェブ収益化って実際なんだろうって少し考えてみたいと思うんですが、

 

ウェブ収益化をする上で一番大事なのが、誰がそのブログに来ているのか自分で把握することです。

 

これは、ブログ運営の基礎中の基礎だと思っています。

 

例えば、テニスのブログをやっているとして、あなたはテニスのブログをやってるから、テニス知りたい人が読むブログって思うと思うが、

 

そのテニス好きって誰ですか?

 

学生?

社会人?

OLさん?

 

どういう人が、そのテニスブログに来てるのか考えるのが超大切です。

 

前に、Facebookの本を読んだことがあるのですが、Facebookって最初は米国の学生だけに開かれてたSNSだったんですが、

 

学生向けのクレカをバナーで貼ったらものすごくコンバージョンしたっていう話があります。

 

こういう一連の経済運動が発生することを通して、SNSは経済的に成り立つという根拠が成り立っていったわけですけども、

 

(当時は学生がSNSとして使うウェブサイトが大きなビジネスになるのか誰も信じていなかった)

 

テニスのブログをやるにしても、そこにアクセスしてくる人って、あなたが誰なのかによって結構変わると思うんですよね。

 

あなたが20代の女性だったら、文体とか文章の書き方とか、ブログのデザインとか、タイトルの付け方とか、ブログで書く内容とか … etc

 

テニスという一つの括りだけではなく、あなたの色が必ず出ますよね。

 

だって毎日Wikipediaみたいに、面白くもなんともない単なる情報を発信してるわけないわけで、

 

大学生の男子学生のテニスブログと、渋谷で働くOLが休日や仕事終わりに趣味でやるテニスブログは似てるようで全然違うものになるはず。

 

だから、あなたが知るべきことっていうには、そういう自分のブログに来てくれてるユーザー属性が一致することと、

 

そういう人々がテニス以外でも共通して抱いてるような欲求とか悩みとかを知りたいわけです。

 

そうすれば、テニスのラケットを売るだけじゃなくて、様々な方法で商品が売れるようになっていきます。

 

あなたのブログのリピーターになってくれる理由はあるのか

 

 

それで、あなたのブログにどういう人々が共通して来てるかを調べて理解した後は、

 

そのユーザーたちがもう一回ブログへまた来たくなるような仕掛けだったり、理由があるか考えるのが超大切です。

 

前に私はTwitterで下記のようなツイートをしたわけですが、

 

 

SEOやSNSや被リンクや、ありとあらゆる所からユーザーはあなたのブログにやってくると思うわけですが、

 

そういう人の中で10人に一人でも確実にリピーターになると自分で分かっているブログは、

 

そうでないブログと比べて強度が5倍くらい変わります。

 

何故ならば、本質的にビジネスというのは、CPA(顧客獲得単価)>  LTV(顧客生涯価値)であれば

 

放っておいても儲かるビジネスになるからです。

 

まあ、ブログというのは必ずしも有料顧客ではないわけですが、

 

商売っていうのは半ば統計的な確率論でもあるため、同じような人々が来る回数が増えていけば、

 

そのうちコンバージョンする回数も勝手に増えていくわけです。

 

ブログに再訪問される仕組み、トリガー、仕掛けありますか?

 

 

例えば普通の物販とかサブスクビジネスであれば、

 

一回売った後にまた買われるか?、メアドとか収集しておいて再度チラシやらDM送るか?

 

とか色々ありますし、サブスクなら無論良いコンテンツを出しておけば解約はされる確率は減るでしょう。

 

でも、ブログっていうのは無料で勝手に彼方から来て、また何処へと消えていく感じが殆どなんで、

 

偶然自分のブログに来てくれたときに、「なんとなくまた着たいな?」と思わせなければならないし、

 

そういう仕組みを作らないといけません。

 

それをどうやるかと申しますと、色々と方法はありまして、

 

まず一番顕著な例としてはSNSをフォローさせておくことですよね、Twitterとかのリンクを貼っておいて、

 

そこにフォローしてもらったり、インスタとかピンタレストとか、Facebookとかnoteとか、公式ラインとか色々ありますが、

 

ありとあらゆるSNSは蜘蛛の糸みたいに張り巡らさせておくべきだと思います。

 

また、もう一つ強力な方法でおすすめなのがメルマガですよね、サイトへの会員登録とかでも同じです。

 

これは、直接メアドを収集できるので最強方法だと思ってまして、

 

いくらチャットの時代といえども、結構まだまだスマホやパソコンでメール見る人は多いです。

 

特に20代以上で会社ビジネスやってる人は、現場で毎日コミュニケーションする人じゃなければメール使う場合が多いでしょう。

 

チャットってもう一段近いコミュニケーションなので。。。

 

ですから、記事の末尾とかサイドバーに、「このサイトはOOやってるサイトです、有益な情報を発信するので登録お願いします」みたいなPRをするといいと思います。

 

もし、あなたのブログが雑記的なものも配信しているのであれば、カテゴリーごとにメルマガの設定をすればいいと思います。

 

ワードプレスとかなら、そういうプラグイン多分あると思います。

 

例えば、美容のブログやってて、スキンケアとダイエットのカテゴリーで記事を発信してるならば、

 

このカテゴリーをメルマガ登録しませんか?スキンケアに特化したお肌を綺麗にするコンテンツを定期配信で受け取れます

 

とかすると、「このブログ自体には興味ないけど、スキンケアのことなら知りたいからメルマガ登録しておくか」と思うかもしれません。

 

また、こういう風に記事の末尾とかサイドバーにしっかりと自己紹介して、自分の存在を示しておけば、

 

メルマガ登録などのアクションはされなくても、いざ同じような問題が起こったときに、サイトの名前を覚えててくれて、検索バーから直接サイト名で検索してくれるかもしれません!!!

 

こうういうポジションが取れれば、サイトはさらに強くなります。

 

広告を出しても儲かるブログを作りましょう

 

 

先ほども言ったように、ビジネスというのは、CPA(顧客獲得単価)>  LTV(顧客生涯価値)であれば儲かるビジネスになります。

 

自分のブログに定着したリピーターというのは、例えば学生向けテニスブログならば、学生を卒業した後はテニスをやめてしまうかもしれないし、

 

女性OL向けのテニスブログならば、趣味がテニスからランニングになったらもうブログに来てくれないかもしれないですよね。

 

でも、例えばこれが子育てテクニックブログとかであれば、一度自分のブログに定着した親御さんは、

 

子供が大きくなるまで数年間、名前を覚えてブログに来続けてくれるかもしれない。

 

それで、そういう人が増えていって、そういう人が五回に一回は何かを買ってくれる商品をおすすめしたり、

 

自分で何かをユーザーに売ったりして成立するのであれば、ウェブやSNSの広告はやり方やジャンルに寄って広告単価も違いますが、

 

広告を出せば出すだけビジネスが拡大していくことが出来ると予想できます。

 

そうなれば、別にあえてSEOとかキーワードに絞り込まなくても、ユーザー第一目線で記事を書き続けられます。

 

ぶっちゃけ、SEOって無料で人を集めるには効率的なだけであって、金さえ出せば人は集められるわけで?

 

問題なのは、人を集めることではなくて、集めた人をどうマネタイズするかじゃないですか。

 

だから、結論言いますが、まずはSEOだのキーワードも大事だが、そういうのは後からでも全然学べるし、

 

最初はユーザー第一に、マネタイズ手法第一にして、リピートされる理由と仕組みのあるブログ、作ろうっていう話でした。

 

以上になります。

ニュースレターを購読する

📨 マーケラボのメルマガ、興味ありませんか?

マーケラボが厳選するマーケティングのノウハウをメルマガでお届けします。ブログでは書いてないちょっぴりお得な特典もあり!

ニュースレターを購読する

📨 アフィリエイトのメルマガ、興味ありませんか?

マーケラボが厳選するアフィリエイトのノウハウをメルマガでお届けします。ブログでは書いてないちょっぴりお得な特典もあり!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*