無料ヒートマップツールの代替案 Google公式「Page Analytics」を使ってサイト分析をしよう『Google analyticsと連携できて超便利』

 

自分のウェブサイトに訪れたユーザーが、どのくらい内部リンクをクリックしてるか、フォーム送信を試みてるのか、気になりますよね。

 

一般的に、そのような分析を行うときにはヒートマップを使うのが便利だと言われております。

 

しかし、ヒートマップは有料であったり、無料のもので性能が微妙だったり、外部サービスと連携が面倒くさかったりします。

 

そんな中、Googleアナリティクスと連携が出来て、Googleが公式で出している(ほとんど)ヒートマップがございます。

 

それが、Page Analyticsです。

 

これは、GoogleのChromeの拡張機能なのですが、無料でサイトのヒーマップ分析が出来てとても便利です。

 

詳しく見ていきましょう。

 

Page Analyticsの拡張をインストールする

 

下記の画像のように、Page Analyticsをインストールしてください。

 

 

Page Analyticsをインストールすると、拡張機能の追加を促されるので従ってください。

 

 

拡張機能を追加すると、ブラウザのヘッダーバーにアイコンが追加されます。

 

 

この状態で、既にサイトにanalyticsが導入されていて、

 

Googleアカウントでログインされていて、

 

尚且つページにそこそこアクセスがある場合、画面をリロードしたりすると、

 

自動でPage Analyticsの解析データが表示されます。

 

それが以下のような感じです。

 

 

これは、我々が運営するプログラマー向けのメディアなのですが、プログラマーというカテゴリーページを表示しています。

 

上部にPage Analyticsの現在のデータがリアルタイムで表示されていますね。

 

ここに出ているのは、このページの1ヶ月間のデータと、リアルタイムのデータです。

 

アナリティクスに移動できるので、移動すると、生合成がとれてて便利ですよね。

 

 

画面を下へスクロールしたりすると、内部リンクがどのくらいのパーセンテージでクリックされてるのかもよく分かるので、

 

是非とも導入してみてください!

ニュースレターを購読する

メルマガに登録しませんか?
🎁

 でもやるんだよ!マーケティング・ラボのメールマガジンです、WordPressの便利なプラグインや、最新のブログ運営ツール、MAやSEO対策などの最新情報を無料でメールで受け取れます!(今だけ登録者は永年無料!)

プライバシーポリシーに関してはこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*