WordPressプラグインBackWPupを使用してS3へバックアップする方法

 

WordPressプラグインBackWPupを使うと、手軽にワードプレスのバックアップが出来ます。

 

しかし、定期的にバックアップを手動で行うのは面倒くさいですよね。

 

そこで、自動でAWSのS3にバックアップする方法を解説したいと思います。

 

一応、AWSのS3に関してざっくり知ってる人向けなので、全くS3がなんなのか知らない人は、

 

一度AWやS3に関して調べてからの方がいいかと思います!

 

BackWPupのプラグインをインストール

 

プラグインをインストールします。

 

 

新規ジョブを追加するボタンを選択して、下記の部分は取り敢えずデフォルトで良いです。

 

 

もう少し下の方に進むと、S3にバックアップを保存する項目があるので、それを選択します。

 

 

S3のバケットを作る

 

次です、ワードプレスのバックアップデータをS3に保存するバケットを作りましょう。

 

 

バケットを作成します。

 

 

セキュリティは全部パブリックじゃなくていいです。

 

後ほど発行されるアクセスキーでログインできるので。

 

 

その次の項目もとりあえずデフォルトでokです。

 

 

次に、バケット名を決めましょう。リージョンは東京にします。

 

 

これでバケットが完成したことが分かります。

 

 

IAMを作る

 

次です、ここは大事なので、しっかり進めましょう。

 

IAMっていうのは、簡単にいうと、AWSの特定の機能にアクセスできるユーザーを作ることです。

 

例えば、S3の機能にフルでアクセスできるIAMユーザーを作ると、そのユーザーにアクセスキーとセキュリティキーが発行されます。

 

その二つのキーをワードプレスの設定画面にセットすることで、既存バケットを選択できるようになります、(後で見せます)

 

 

ユーザーを追加します。

 

 

ユーザー名などを決めて、下記の画像のようにチェックしてください。

 

次、ユーザーを作ったら、グループというのを選びます。

 

これは、作成したユーザーがどの機能にアクセスできるようにするか記されたグループでして、

 

例えば、S3とEC2というAWSの機能にアクセスできるユーザーグループを作ったり出来ます。

 

 

S3のフルアクセス(英語読んでください)を選択します。

 

 

その次の、ここのキーは空白でいいです。

 

 

これでユーザーを追加します。

 

 

これが大事です。ユーザーを追加すると発行される、セキュリティーキー(シークレットキー)とアクセスキーをダウンロードして保存してください。

 

これをなくすとまたユーザーを作り直す必要があります。

 

 

WordPressの設定に戻ります

 

BackWPupの設定のS3設定に行くと、こういう画面ありますが、ここは空白でいいです。

 

 

その下のS3のアクセスキーとセキュリティーキーを選択すると、自動で先ほど作ったバケットが選択されるようになるんで、それを選べばokです。

 

 

ちなみにファイルの消去っていうのは、

 

バックアップの数がそれ以上になったら自動で消してくれるみたいです。

 

便利ですね!!

 

注意点として、IAMユーザーを作る前に新規ジョブを立ててると、

 

IAMユーザーを認識し無い場合があるので、その場合は一度ジョブを消して、

 

もう一回作り直すといいです!

 

BackWPupをS3にしてみる

 

では最後に、ジョブ一覧から、先ほど作成したジョブを実行してみましょう!

 

ジョブの終了には30分くらいかかる場合もあるので、気長に待ちましょう。

 

 

終わった後にS3にファイルが生成されてたら完了です!

ニュースレターを購読する

📨 WordPressのメルマガ、興味ありませんか?

マーケラボが厳選するWordPress運営ノウハウをメルマガでお届けします。ブログでは書いてないちょっぴりお得な特典もあり!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*