デシル分析とは?初心者向けに解説 | マーケティング用語

 

デシル分析とは

 

デシル分析とは、クライアントの分類方法の一つです。

「10等分」を意味するラテン語がデシル分析の由来で、

自社プロダクトの顧客を上位10社に分けて、売上高の高い順番に並べて、

各グループの購入比率や、購入頻度や、売上構成を分析します。

その結果、売上に貢献しているグループ顧客の特定を知り、

販売促進活動の費用対効果の向上を目指し、

自社が抱える問題点を把握するためのセールスミックス分析として活用できます。

 

デシル分析の活用方法

 

デシル分析を行うにあたり、自社が制作してるプロダクトの一覧を算出します。

 

そして、それぞれの事業において、利益率、売上高が最も高い順番に事業をランク付けします。

 

そのうえで、その事業で現在獲得してるクライアントを、さらに同じ方法で利益率、売上高が高い順番に並べ替えます。

 

ここでの並び替えは、将来の事業規模の将来性などは考慮せず、現在の価値のみで考えます。

 

そのうえで、自社が持つリソースを、どの事業に再分配し、成長率を高めていくかという分析に使っていきましょう。

ニュースレターを購読する

📨 マーケラボのメルマガ、興味ありませんか?

マーケラボが厳選するマーケティングのノウハウをメルマガでお届けします。ブログでは書いてないちょっぴりお得な特典もあり!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*