1:5の法則とは?初心者向けに解説 | マーケティング用語

1:5の法則とは

1:5の法則とは、新規顧客の獲得には既存顧客の獲得に比べて5倍のコストがかかるという意味の言葉です。

 

一般的に新規顧客の獲得コストは、既存顧客からの注文よりもハードルが高いにもかかわらず、

 

新規顧客の収益性が非常に低いため、既存顧客の維持がより重要であるという考え方です。

 

しかし、どのようなビジネスにおいても、既存顧客のライフタイムバリュー(LTV)というものがあるため、

 

既存顧客へのカスタマーサクセスを怠ることなく、適切に新規顧客獲得のためのマーケティング、並びに販売の戦略が必要です。

 

ちなみに、既存のお客様は、一度商品を購入していただいているので、より低い購入コストで再び商品を購入していただける可能性が高いわけですが、

 

カスタマーサクセスとは、そのような既存顧客のお客様に徹底的なサポート体制を敷いて、中長期的に製品を買い続けてくれる信頼を作り出すのが大切で、

 

企業へのロイヤルティが高い顧客ほど、長期的に大きな利益を生み出す可能性が高く、そのような顧客が増えれば増える程に、企業は安定的な成長が出来るようになります。

ニュースレターを購読する

📨 マーケラボのメルマガ、興味ありませんか?

マーケラボが厳選するマーケティングのノウハウをメルマガでお届けします。ブログでは書いてないちょっぴりお得な特典もあり!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*