アドレサブル広告とは?初心者向けに解説 | マーケティング用語

 

アドレサブル広告とは、簡単に言えばリターゲティング広告と少しだけ似てるマーケティングの用語です。

 

リターゲティングマーケティングでは、自社のウェブサイトに来たユーザーや、自社の製品を検索して触れたユーザーへ向けて、

 

特定的に広告を打つことで、販売を促すものですが、

 

Addressという英語は、より具体的に「優良顧客のアドレスが特定できる」という意味で使われます。

 

つまり、自分のウェブサイトや、既にコンバージョン済みの顧客リストを分析して、

 

良く似たパターンを持つユーザーが一定数いた場合、そういう人たちに向けて広告を打つわけです。

 

ライティング、デザイン、地域、コミュニケーションアイディア… etc 全てに至るまで、

 

既に獲得済のユーザーを分析して、狙って広告を打つので、極めて高い効果を期待出来ます。

 

要は、自社が持つデータというのは資産ですので、マーケティングに活かすことが出来れば力強い差別化になります。

 

そういう観点から言って、アドレサブル広告が上手な会社は、他の会社とより一層差別化されたプロモーションが出来ますので、

 

利益率やコンバージョン率も上がると言われております。

ニュースレターを購読する

📨 マーケラボのメルマガ、興味ありませんか?

マーケラボが厳選するマーケティングのノウハウをメルマガでお届けします。ブログでは書いてないちょっぴりお得な特典もあり!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*