コホート分析とは?Googleアナリティクスでユーザーの継続率を可視化する方法

はじめに

 

皆さんは、普段ウェブサイトの運用をしていて、中々サイト分析が出来てないな・・・と思ってはいませんか?

 

サイトに訪れてくれるユーザーが、どのくらい自分達のサイトに継続的に訪れて、

 

ファンになってくれてるんだろうと知りたいと思ってはいませんか?

 

サイト分析を気にしているけども、中々日々の雑務に追われてサイト分析まで出来てない・・・

 

そういう悩みを抱えていませんか?

 

そんなあなたのために、本日はサイト分析用語の一つであるコホート分析について情報をお届けしようと思います。

コホート分析とは

 

コホート分析とは、あなたのサイトのユーザーの、継続率を可視化してくれる分析ツールです。

 

コホート分析を使うと、あなたのサイトに訪れたユーザーが、どのくらい継続的にあなたのサイトに訪れてくれてるのか分かります。

 

世界中のユーザーは、検索のようなSEOから、SNSや被リンクによってあなたのサイトに訪れるわけですが、

 

コホート分析を使ってユーザーの継続率(定着率ともいう)を見ることによって、

 

どのくらいのユーザーにとってサイトの内容が面白いと思われていて、すぐに忘れ去られていサイトなのか知ることが出来ます。

 

Twitterにも投稿しましたが、ユーザーがあなたのサイトに訪れたとき、あなたのサイトを「Googleの一部」と思われないことが、

 

サイト運営でとてもとても大事なのです。

 

Googleアナリティクスとは

 

Googleアナリティクスとは、Googleが提供する無料のWebアクセス解析サービスです。

 

もともとは、Googleが2005年に買収した米国のウェブ解析ソリューションプロバイダーであるUrchin社の技術を使用していました。

 

Googleアナリティクスを使うメリットとしては、コホート分析などのツール以外にも、

 

サイトの訪問者の動向を把握することで、訪問者の欲求、サイト内の人気ページと不人気ページ、問題のあるページなどを知り、

 

訪問者の満足度を高め、訪問者数を増やすためのサイトの改善を行うことができることです。

 

広告は一切表示されず、1,000万ページビューまでは無料で使えるので、安心してサイトに導入できますね。

ケーススタディ

 

では、早速コホート分析の実際のケーススタディを見てみましょう。

 

うちで運営を手伝わせてもらってるとあるウェブサイトの例です。

 

 

この例を見てみれば分かるのですが、大体ユーザー数が二万人くらいいるわけですが、

 

2021/05/30に訪れたユーザーは、二週目にはすでに、2%に落ちてしまっていますよね。

 

さらに、初めてユーザーが訪れてから三週間目には、1%にまで落ちてしまっています。

 

この例からも分かるように、ユーザー数の割合に対して、

 

リピートを改善するための施策を打てばいいというアイディアが浮かびます。

 

ブログはリピーター命

 

私は個人的には、ブログを含めたすべてのメディア、並びに商売根本にも言えることだと思うのですが、

 

最も大切なKPIはユーザーの維持率とロイヤリティだと思っています。

 

何故ならば、どんなに優れた商品でも、どんなに高単価で低コストな商品だとしても、

 

お客さんが何度も何度も繰り返し買ってくれて、長期的に利用されないサービスに未来はないからです。

 

プロダクトが多少売れても全然伸びないシステムになってるならば、会社も安定的に成長できませんよね。

 

そういう観点から言っても、アナリティクスを使ってコホート分析などで継続率を見たり、

 

ユーザーの分析を通してコンテンツを改善していくのはめちゃくちゃ大事だなと思っています。

user
サイト分析用語マーケティングマーケティング用語

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です