GA4(Googleアナリティクス)のfirst_visitってなに?初心者向けに現役マーケターが解説| サイト分析用語

 

GA4(Googleアナリティクス)のダッシュボードを開くと、

 

集客→エンゲージメント→集客の階層に、first_visitっていう項目があると思います。

 

(下記の画像を参照)

 

 

 

一体これは何を意味する指標なのか、本日は解説していきたいと思います。

 

GA4では自動的に収集されるイベントがあります

 

Googleアナリティクスの公式のドキュメントでも明記されてるように、

 

GA4では、サイトにアナリティクスのタグを埋め込んだデフォルト状態で、自動的に収集されるイベントがあります。

 

 

first_visitとは、自動収集されるイベントの一つです。

 

公式ドキュメントでは、first_visitについては下記のように定義をされてます。

 

アナリティクスが有効になっているウェブサイトや Android Instant Apps に、ユーザーが初めてアクセスしたとき、またはこれらを起動したとき

 

このことからも分かるように、first_visitが示すこととしては、指定した期間の間に、

 

何人の初めてのユーザーが、あなたのWebサイトやアプリに訪れたのかが分かるってことですよね。

 

Web集客はリピーターが大切

 

web集客の最終地点は、いかにあなたのサイトの名前が記憶され、何回も何回も来てくれるユーザーを増やすかです。

 

ですから、あなたのPVやコホート分析や、滞在時間や、回遊率など、さまざまな指標を見比べて、

 

初めてのユーザーに対して、どのような割合になっているのか具に調べることで、

 

あなたのサイトを見てくれてるユーザーのロイヤリティなんかを深く理解できます。

 

イベント数

 

一番最初の方に貼り付けた画像を見てみると、ユーザーの合計数と、イベント数がありますよね。

 

 

これは何かと申しますと、GA4で、ユーザーが最初にあなたのウェブサイトに訪れた時に、自動的に発火されるイベントで、

 

first_visitというイベントが発火したんで、イベント数が一つプラスされたという風に見ることができますね。

 

ちなみに、下の方に行くと、イベント数/セッションという項目があるわけなんですけども、

 

セッションというのは、あなたのページにユーザーが訪れてから、記事を読まずに速攻サイトから離脱すると、

 

セッションはスタートしないのにfirst_visitが発生するということになりますよね。

 

イベント数/セッションが0.7ということは、10人中3人くらいは記事を読むことすらせずサイト離脱された可能性があるよねっていうことも、

 

ここを見ることで推測できたりするわけです。

user
サイト分析用語

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です