【AKB48】会いに行けるアイドルが大ブレイクを生んだマーケティングの秘訣とは? 【マーケティング】

今や国民的アイドルの位置付けを確固たるものにしているAKB48ですが、どのようにしてAKB48は生まれ、どのようにして消費者の心理を読み取り、

快進撃を続けてマーケティングを成功させてきたのか、ユーザーの隠れたニーズであるインサイトの側面から、今更ながら考察をしてみたいと思います。

画像1

当時、アイドルグループAKB48プロジェクトがスタートするとき、プロデューサーである秋元康氏が設定したキーワードが「会いに行けるアイドル」だったわけですが、このキーワードは既に皆さんも知ってるかと思います。

ただ、何故このようなキーワードが確定したのかを知ることは重要でして、実はプロジェクトのスタート当時は、秋葉原という街が、かつての家電専門店の集積地から、アニメの聖地に変貌を遂げていて、

アニメのキャラクターのような少女が「萌え」スタイルで接客してくれる「メイドカフェ」や、自主的にアイドル活動をしている「地下アイドル」といった現象が少しずつ話題になっていたんですよね。

画像3

つまり、かつてアイドルに熱狂していたような若者たちが秋葉原に集まって、更にそういった注目事象は「直接会えて話せること」にニーズがあるから起こっているのではないか?と秋元氏は考えたわけです。

それは何故かと申しますと、当時からアイドル音楽シーンに対してファンは、潜在的な不満として「会えないアイドルへの憧れを煽られていることに、うんざり」というインサイトがあり、

遠く離れていて距離のある存在のアイドル達と「もっとつながりを感じたい」というニーズがあったので、秋葉原でメイドカフェ屋地下アイドルという現象が育っていたわけです。

そして、まさしくその不満に対する回答が前述のキーワード「会いに行けるアイドル」ということで、秋元康さんの功績というのは、今のアイドルを象徴する定義を、秋葉原のローカルエンターテイメントから、イノベーティブに変えて、新しい市場を創造してメジャーシーン押し上げたことだと思うんですよね。

画像4

秋葉原に常設の劇場を作って毎日公演して、いつでもファンがアイドルと会えるようにしたり、

ファンが劇場に足を運べば当人たちが必ずそこにいて、刻々成長していく女の子たちをファンはリアルタイムで見ることで、ファン自身が彼女たちの成長に関わっていけたり、

数十名という常識外れの大勢のグループにしたり、自分の好きな子(=推しメン)が見つかるようにりたり、

「握手会」イベントも頻繁に行い、ステージ上だけでなく直接会ったり言葉を交わしたりできたり、

各メンバーのファンが投票して、応援という関わりを持てる選抜総選挙を実施できるといのも、これまでのアイドルの常識にはない斬新なアイディアでしたよね。

画像2

秋元康さんは、きっと音楽シーンを眺めながら、世間の変化を捉えて、

高嶺の花で遠くの印象という、かつてのアイドルという既存イメージに着目し、秋葉原でメイドカフェや地下アイドルの根が少しずつ育ってきていることを着目して見逃さずに、

そこにキーインサイトがあるのではないか?と現実の事象から考え、なぜ今の若者やアイドルファンは秋葉原に集まってメイドカフェや地下アイドルに通うんだろうって想像を膨らませて、

今のアイドル像のような高嶺の花のトップスターではなく、もっと人々はアイドルと親密に関わったりしたいと思っているんじゃないか?と仮説を立てて、

そこにニーズがあると調査しながら、インサイトを見つけて行ったと思うんですよね。

マーケティングは、常に人々が当たり前のように受け入れている前提とか、人々が当たり前のように行なっている習慣の中にこそあるものです、ぜひ皆さんも、インサイトを見つけてみてください。

以上になります。

 

参考にした本

欲望とインサイト: インサイトハンターの日常
4.5 out of 5 stars (4.5 / 5) Kindle¥0 単行本¥2,420

今すぐインサイトを学ぶ!

ニュースレターを購読する

📨 マーケラボのメルマガ、興味ありませんか?

マーケラボが厳選するマーケティングのノウハウをメルマガでお届けします。ブログでは書いてないちょっぴりお得な特典もあり!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*