Xbox、任天堂、Blizzard、Sonyのゲーム事業の利益を合計しても、Appleのゲームアプリ手数料の利益の$8.5Bを超えられないことが判明

 

Appleのスティーブ・ジョブズは生前、app storeのビジネスモデルについて、

 

「我々はプラットフォームビジネスじゃないし、広告ビジネスでもない」と言っていたのですが、

 

 

実際のところ、Appleのゲームアプリ手数料の利益はとてつもない規模に膨れ上がっておりまして、

 

AppleはもはやiPhoneやmacの会社ではなく、ゲーム会社、もしくはプラットフォーマーと言っても良いと思う。

 

というのも、記事のタイトルにもしましたけど、

 

Xbox、任天堂、Blizzard、Sonyのゲーム事業の利益を合計しても、Appleのゲームアプリ手数料の利益の$8.5Bを超えられないことが判明してるんですよね。

 

 

これは凄い事実ですね。日本が誇る世界的ゲームカンパニーってSONYの名前は上がると思うんだけれども、それを持ってしても、

 

世界市場を牛耳るAppleのプラットフォームには敵わないってことですかね。。。

 

user
ゲームデジタルマーケティング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です