メッセージングアプリ「Telegram」がFacebookの機能停止中、7000万人以上のユーザーを獲得したと発表

メッセージングアプリ「Telegram」は、フェイスブックが月曜日に引き起こした障害の間に7,000万人以上の新規ユーザーを獲得したと、同社の創業者であるパベル・デュロフ氏が5日に語った。

 

Facebookは、35億人のユーザーがWhatsApp、Instagram、Messengerなどのサービスにアクセスできなかった障害を、誤った設定変更によるものと発表、

 

デュロフは、自身のテレグラム・チャンネルで、「テレグラムの1日の成長率は、標準を一桁上回り、1日で7000万人以上の他のプラットフォームからの難民を迎え入れた」と書きました。

 

デュロヴは、アメリカ大陸の一部のユーザーは、何百万人もの人々が一斉に登録を急いだため、速度が低下した可能性があるとしながらも、大半のユーザーは通常通りサービスを利用できたと述べています。

 

欧州連合(EU)の独禁法担当責任者であるマルグレーテ・ベスタガー氏は、今回の障害は少数の大手企業に依存することの影響を示しており、より多くのライバル企業が必要であることを強調しています。

 

ロシアは、今回の障害は、モスクワが独自の主権を持つインターネットプラットフォームやソーシャルネットワークを開発することが正しいことを示していると述べました。

 

WhatsAppが月曜日に6時間近く停止したことで、市場関係者によると、暗号通貨からロシアの石油まで、さまざまな資産の取引に影響が出たが、

 

Telegramなどの代替プラットフォームへの迅速な移行により、深刻な混乱は抑えられたという。

 

user
Uncategorized

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です