Facebookが少子高齢化し危機的状況であることが判明、InstagramはTikTokに追い抜かれ・・・

 

Facebookの調査で、Facebookのユーザーは高齢化し、若者のFacebook利用が減っていることが判明しました。

 

 

社内調査では、主に以下のような報告があったとのこと。

 

  • 若者がFacebookに費やす時間が減っている。
  • 新しいアカウントに登録する10代の若者が減っている。
  • 10代の新規アカウントの多くは、複数のアカウントの1つである。
  • 投稿数はすべての年代で減少している。
  • 詳細な調査を行っても、何が原因でこれらの減少が起こっているのか、なぜこれらの傾向を変えられないのかは不明です。
  • 10代の若者は、InstagramよりTikTokをやく20%以上長く使っている

 

過去の記事でも、ハーバード大学の新1年生のうち24.6%はFacebookアカウントを持っていないという調査結果もありましたよね。

 

 

最近では、CEOの魔ークザッカーバーグは、SNS運営よりもメタバースに完全に舵を切ろうとしていて、

 

いよいよSNSサービスの一強時代は幕を閉じる時が来たようです。

 

時代は移り変わる、人々の興味も推移する。

user
Facebook

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です