検索需要もないネタで記事を書こうとするヤツ大杉じゃね?説を徹底解説

 

 

 

ツイートでも発信したのですが、ちょっとブログの読者の皆様にもシェアしようと思います。

 

それが、上記の画像です。

 

ぶっちゃけて言えば、SEOを意識するときに、キーワードを選び取って組み合わせたりするのも、

 

テクニックとしては別に良いんですけど。。。

 

そもそも、その記事(つまりネタ)って、多くの人が検索する情報ですか?っていう話がありまして、

 

例えば真夏にクリスマスギフトの記事を書いても誰も検索しねえだろみたいな話があるわけですよ。

 

どれだけ良い記事でも、そもそも誰にも興味がないネタの場合は、誰にも読まれないし、検索もされないんですよね。

 

これは、当たり前のことを言ってます。

 

 

この本でも書いてあるけど、こういうのを「プレファレンス」と言います。

 

多くの人に興味関心があるネタを選ぶ、それが大事です。

 

「バラの育て方」とかいうブログやってても、ほとんどの人には興味関心ゼロじゃないですかw

 

それよりも、雑だろうがなんだろうが、「芸能スポーツ裏話」というネタを扱ったほうが勝ち筋見えやすいよね、だってマーケット大きいからさ。

 

って話なわけですわ。

user
SEOブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です