米SNSのQuoraで月間20万PV突破!その秘訣を教えちゃいます。

 

 

めちゃくちゃ簡単にではありますが、Quoraでどのようにして月間20万PVものアクセスを集めたのかを解説していきます。

 

とは言っても簡単です。SNSというのは、みんなんきっと本業の合間や、暇な時に使っていますよね。

 

暇な時に使い始めたら、だいぶ時間を取られてたというのはあると思うんですけど、兎に角仕事に没頭してる時はSNSを開く人はいない。

 

それは、SNSに投稿する人も同じですよね。SNSは、本業じゃない。であるならば、SNSというのは、あくまでも、

 

運営者が許容できるコストの範囲で運営するべきなのです。つまり、低コストで運営するのがSNSでは大事です。

 

その上で、低コストで発信できるコンテンツで、高付加価値、高品質なコンテンツとは何か?をまずは考えてみてください。

 

世の中には、めちゃくちゃ編集を凝って頑張っている人もいますが、とりあえず、そことは今は比べなくてもいいです。

 

コンテンツの質が良ければ、初代iPhoneで撮影した無修正&無編集の動画でもアクセス数は稼げるので。

 

動画の質は、どれだけ編集が凝ってるかではないのです。それは、ブログもQuoraもTwitterも同じ、どんなSNSも同じ。

 

まずは、低コスで作れるコンテンツで、なおかつ継続的に発信でて、それが継続的に人々に喜ばれるものは何か?を考えてみてください。

 

例えば、私の場合は、最初はターゲットを絞るために、コンテンツの幅を小さくして、ノウハウ系の情報発信をしてたのですが、

 

それでは全然伸びないし、コンテンツを作るのが大変だし、マーケットも小さいし、費用対効果が悪いなと気が付いたんですよね。

 

それで、私はジャンルとかを狭めるのをやめて、とにかく頭の思考の軸を、兎にも角にも全て、ユーザーが楽しめるコンテンツは何か?

 

可能な限りたくさんのユーザーが、喜んでくれそうなコンテンツは何か?を考えてコンテンツを作るようになりました。

 

これは、マーケティング用語ではプレファレンスというんですけれども、

 

そもそも、「バラの育て方」とかいうブログを発信してて、いくら薔薇について興味深い事実を知ってたとしても、

 

そういうネタが毎日のように生まれるわけじゃないし、マーケットも小さいじゃないですか。

 

でも、世の中には毎日、めちゃくちゃ笑えるような珍事件とか、勉強になるなあって思えるような情報とかに出会うじゃないですか。

 

私は、そういう、情報が人に伝わった時、喜びだったり学びだったり、何か為になる情報だけを発信して、マーケットを狭めるのを、

 

そもそもやめようと思いました。そうすることで、

 

自分がコントロールできる幅がすごく広がったわけなんですよね。誰がどんなふうに自分を好きになってくれるかはわからないけど、

 

日々、自分の身の回りに流れてくる情報で、人の役に立つ、面白い笑える幸せになれるような記事を、自分なりに加工して、

 

人に伝えやすくするということであれば、コンテンツの質のみに自分のエネルギーを全力投下できる。

 

その記事の質は、自分でコントロールできると思ったわけです。

 

こういう風に意識改革を行なっていくと、自ずと、みんなに喜ばれるような記事を見極める目が育ってきたわけなんですよね。

 

そして、別にみんなが喜ぶ記事やネタは、自分で何時間もかけて作る高コストのネタだけじゃないって気がつくわけです。

 

なので、皆さんも、自分が投下できる最低限のコストで、最高品質のコンテンツは何か?を考えて、

 

他の人と比べないようにしてください、他の人と比べず、とにかく自分のセンスの範疇でいいので、

 

「この情報は面白いと思う」とか「この情報は誰も興味なさそう」とか「この情報は人々を笑わせられる、俺が笑った」みたいな、

 

感情の変化に敏感になって、それを真っ直ぐユーザーに届けてみてください。そうすれば、

 

SEOだのなんだのと、自分がコントロールできないことは無視して、コンテンツに集中できるようになります。

user
Quoraブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です