脳が小さい人は酒に依存する傾向があるらしい…

 

 

Biological Psynchiatryというウェブの調べで興味深い情報を見つけたので読者の皆さまにシェアします。

 

お酒というのは、長年飲み続けると脳を縮小させると言われているのですが、

 

どうやら、調査によると、酒を飲むと脳が縮小するのではなく、脳がある部分が小さい人が酒を飲む傾向にあるという傾向があるみたいです。

 

でもそうなると、酒を飲んでしまう人と、飲まない人の違いは才能みたいなもので、生まれながに決まってしまうということで、

 

酒がやめられない人が酒に溺れてしまうのは、努力不足ではないと言えますね。

user

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です