SNS運営は、反応率よりもインプレッション数(PV)が大事だと思う話

 

 

たまたま見つけたツイートで、こんなツイートを見つけました。

 

みんな表立って反応を見せないだけで、実は読まれてるとか売れるとかよくある。反応少ない = すべった、とは必ずしも結論づけられない。

このツイートに共感できるところがあったので、読者の皆様にシェアしようと思います。

私も、長年の間、どうすれば人々から反応を得られるSNS運輸ができるだろうか?と考えてたんですが、

実際のところ、その投稿に対してアクションをしてくれる人って、全体の半分もいなくて、みんな、その投稿に共感したり、良いと思っても、

心の中で素通りしていくだけの場合が殆どなんですよね。その投稿にアクションしてくれるのは、よっぽど気に入ってくれたり、ものもうしたい人だけだと思っています。

だからこそ、一番大事なのは、やっぱりインプえれっしょん(PV)なんだと結論付け、今はSNS運用をしています。

Twitter上では、自社の投稿が各ユーザーのタイムラインに表示された回数を表します。 つまり、アカウントのフォロワー数や、投稿を見たユーザーがその投稿を拡散する「リツイート」の数が多ければ多いほどインプレッションが増え、広告が多数のユーザーの目に触れていることになります。

ユーザーが、喜ぶ投稿をするのは大前提、だけれども、根本問題として、多くの人に共感をよばれるような、

マーケットの大きい場所で、SNS運用できているか?を主軸に考えている。

投稿に対してアクションが少なかったり、フォロワーが増えなくてもあまり気にしないようにしてます。

それよりも、多くのインプレッションを稼げているか?多くの人が自分ゴトにできる問題を取り扱ってるか?を考えてる。

皆さんもぜひ、参考にしてみてください。

user
SNS運営

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です