Adobeがメタバース時代を見据えて本格始動!CGやUnityを扱える人材の黄金時代か?!

 

この前見たニュースで、面白いものがあったので読者の皆様にシェアします。

 

それがこれ。

 

 

Adobeが、3Dの没入型インタラクティブ体験のために、ますますメタバースを意識した機能を強化するつもりであるとのニュースです。

 

昨今、メタバースなどの新技術の普及により、これまでディスプレイ上で行われてた仮想空間での体験が、新しい領域に行こうとしていますよね。

 

それを踏まえて、ますますunityでの3d開発や、CG技術を扱える人材が重要になり、需要が増えていくと予想されます。そのために、そういう人材がクリエイトをしやすくなる体制を作るってことなのでしょう。

 

これは、Adobeにとっても大きなビジネスチャンスですから、沢山、投資していくものだと思われる。

 

我々一般ユーザーも、将来を見据えた時、unityでの3d開発や、CG技術を学ぶことで市場で高いパフォーマンスを出せる人材になれるのではないかと思います。

user
AdobeARVRメタバース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です