「フォントの話をしよう」っていう本がメチャクチャ面白かったので紹介します

 

 

この本、メチャクチャ面白かったのでシェアします。

 

私がウェブ制作の初心者だった頃、どうにもこうにも見た目が微妙だ・・・

 

みたいな不満をずっと抱え続けてきたのですが、デザインを少し学んでみれば、

 

美しいデザインとは、配置や配色、フォントから為されるものだと学ぶことが出来ました

 

配置や配色に関しては、既に多くの有名な本がありますよね。例えば、

 

例えば、なるほどデザインとか、

一生使えるデザイン入門なんかもお勧めです。

ただし、これらの本の中では、重要なフォントに関する知見はまだまだ浅いままで止まっているんですよね。

 

そこで、色々とフォントを詳しく深く扱ってて、尚且つ分かりやすい本はないかなと思って色々と探してみた結果、

 

 

フォントの話をしようっていう本がありまして、読んでみたら凄く面白かったんですよね。

 

曰く、

 

文字のあるところにフォントあり。デザインやことばの印象は、フォントや文字の選び方と組み方で決まります。エディトリアルや広告などさまざまなフィールドの第一線で活躍されているグラフィックデザイナーに、文字と書体の扱い方をじっくりと取材しました。またフォントメーカー等、フォントや環境を提供する側のお話もあわせて収録しているので、より理解を深めることができます。書体選びのコツからオリジナル文字のデザインまで、実例作品を通じ、タイポグラフィがすーっと理解できる1冊です。

 

とのこと。一つ一つのフォントの特徴や、選び方、

 

フォントの種類に寄って、読者にどのような印象を与えるのかなど、事細かに説明されています。

 

これを読むことで、ブログを書くとき、フォトショでデザインを組むとき、

 

色々な局面で、適切なフォントを選び使うことができるようになる。

 

ほとんど同じデザインでも、フォントの選別により、全く別な出来栄えに、デザインはなるもの。

 

細かいところだからこそ、こだわる価値があるんですよね。

user
デザインフォント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です