紙おむつの横に使い捨てカメラを置いたら

 

昔聞いた話で、マーケティングを実施する上で大切だなって思った話がありまして、

 

それは紙おむつとカメラの話です。これはどういうものかと言うと、

 

とあるスーパーマーケットで、紙おむつが置いてある売り場に、

 

「今しか見れない姿、残しませんか?」というコピーと共に、使い捨てカメラを置いたらしいんですよね。

 

そうしたら、紙おむつよりもカメラの方がバンバン売れるようになったという話で、

 

これは、紙オムツの場所に来るお客さんというのは、小さな子供さんがいて、子供の成長は何よりも大切な親御さんのイベントですよね。

 

それを、来るユーザが層が分かった上で、その人に焦点を当てて商品を陳列し、そこに適切なコピーを置くという戦術、

 

巧みとしか言いようがありません。こういうふうにマーケティングってやるんだなと、勉強になりました。

 

 

user
マーケティング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です