転職するとき自身の年齢を気にする人たちに気がしれない

 

ユーチューブやってます

 

たまたま見つけたアンケートで、こういう調査がありました。

転職する際に、何が不安や心配の種になるかというアンケートです。

この調査結果を見て、少し驚いたんですよね。

転職する時、自分の年齢を気にするっていうのが回答のトップに来ている。

いや、別に分からなくもないんだけど、年齢がいくら高くなろうが、今の時代60代でもバリバリ働ける時代ですよ。

70くらいになると、ちょっと見知らぬ会社に突然行くのは躊躇するなあくらいなら分かるけどって感じですよね。

 

こういうアンケート結果を見るにつけ、いかに世の中の多くの人が、汎用性のあるスキルを意識的に習得してないかが、良くわかりますよね。

自分の持っているスキルを用いて、転職先で成果を挙げられるか心配だみたいなことなら分かるんですけどw 自分の年齢が心配だとか、転職先があるかどうか心配だとか、そんな低いレベルの心配してて良いんですかね。

こんな状態じゃあ、自分がいつ会社をクビにされるか、まず心配した方がいいと思うんだけど。まあ、、、ちょっと辛口になりましたが、、、

 

要は、私は年齢なんてただの数字だと思うわけです。高齢だから高給になるのも変だし、高齢だから仕事がなくなるのも絶対に変です。勿論、若者は年上を敬うべきだと思うけど。

ぶっちゃけ、若い人っていつも優秀だから、年齢を重ねれば重ねるほど、若い人に勝てないシーンは必ず出てくると思うけど、今まで培ったスキルが、汎用性のあるものであれば、必ず経験を活かせる仕事はあると思ってる。

 

会社は、「作れる人」か「稼げる人」か「整理できる人」は何歳だろうが必ず必要としています。その中で、需要が大きく供給が少なめな仕事を選べばいいだけなんですよね。

それで、何よりも問題なのは、会社にぶら下がっているだけで、自分が会社に貢献できてる感覚がなく、会社に養ってもらうだけで満足してる人、そういう状態で、何年も、下手したら何十年もその会社でしか出来ない仕事をしてはいけない。

そんなんだから、自分の年齢を気にするようになる。で、これからの働き方は、こういう部分も絶対に変わっていくはず。だって、このアンケート結果は、普通に常軌を逸しているし、

 

年功序列、終身雇用は崩壊し、転職や副業が当たり前になり、雇用形態も正社員が過剰に保護されてるだけっていう時代は終わるはず。だってスキルがあれば保護されなくても仕事変えられるもん。で、今後の社会は、必ずスキルを持つ人が増えていくはずです。もっと言えば、スキルを活かせる人が増えていくはず。

 

ドイツでは、従業員を保護する法律って一応あるんだけど、そんな正社員に全員適応されるというよりかは、何年も一緒に働いて、それを更新するたびに、いずれ無期限契約になるっていう方向らしく、やはり社内人材の流動性もある程度高くなっているわけで、故に皆んなそれぞれスキルを獲得するっていう意識もあるわけです。

 

日本も正しい方向に進んでいきましょう、ただ甘やかすだけじゃ誰も幸せにならない。

user
転職

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です