数打ちゃ当たるって言うけど… テキトーで良いってことじゃねえかw そんなわけないだろって思う話(ビジネスに限って言えば)

 

数打ちゃ当たるって言葉は、私は嫌いなんですよね。なぜなら、テキトーで良いってことじゃねえかって思うからです。そんなわけないだろってw

 

で、そういう意識を、上手く表現してくれてたツイートを発見したのでシェアします。

 

 

 

 

ウルフチーフの法則】 侍ジャイアンツというアニメであったエピソードで、ウルフチーフというインディアンが走る野牛の群に向けて 「これだけたくさんいるのだから、どれかに刺さるだろう」 と思って槍を投げ込んだが、一頭も刺さらなかった。

長老から 「群れ全体に対して、どれかに刺さるだろうと思って投げてもどれにも刺さらない。 群れは一頭一頭の集まりで、一頭一頭は夫々ちがう動きをしている。 ちゃんと一頭に狙いを定め、その一頭の動きを見てそいつに向けて渾身の槍を投げろ」 とアドバイスを受けるという話だ。

このツイートは、一部上場企業を創業した、木下勝寿さんのツイート、めちゃくちゃ勉強になりますね。

 

user
ブランディングマーケティング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です