デジタル広告、広告代理店ですら脳死で運営してる問題

 

Twitterを覗いていたら、こんなツイートを見つけた。

 

 

BtoBにおいてGoogle 広告とFacebook広告に盲目的に予算を投下するケースが相変わらず散見されるけど、それよりもYahoo!広告やTwitter広告で効率的にコンバージョン獲得が出来るケースもあるので、常に色々な媒体の情報を吟味したり、勘案する心の余裕は持ち合わせておきたいですよね。

 

めちゃくちゃ分かる。脳死状態でテキトーに広告打ってても、費用対効果、上がりませんよね。

 

適切なプロモーションとは、広告を出す媒体も含めてですからね。

 

それぞれの広告媒体で、単価も違ったりしますからね。ベンチャーが出資を受ける際、広告単価まで考慮されることもザラだから、

 

どの媒体のユーザー層が適切で、どれほどの広告単価がかかるのか。そのくらい深く広告は考えなきゃですよね。

user
広告

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です